銀行からお金を借りる方法

お金を借りる方法にはいろいろありますね。
しかし、安心度の高さでいえば、銀行が一番でしょう。
さらに銀行のローンは金利が安く、高額の融資を受けることも可能です。

 

ところで、みなさんは銀行からお金を借りる方法といわれると、どのような方法が思い受かぶでしょうか?

 

銀行には「○○ローン」というように、その使い道が指定されているローンがたくさんありますね。(例:住宅ローン,マイカーローン,教育ローンなど)また、あまり意識されていないかもしれませんが、使い道が自由なローンもあるのです。

 

使い道が指定されているローンについて

「使い道が指定されているローン」の具体的な例としては……

  • 住宅ローン
  • アパートローン
  • リフォームローン
  • カーローン
  • 教育ローン
  • おまとめローン

などをあげることができます。
これらのローンは高額の融資を受けることが多いため、担保が必要なことがあります。

 

担保と聞くと、あまりいい印象がないかもしれません。
しかし、担保はより安価な金利で融資を受けるためには、とても有効な手段なのです。

 

また、おまとめローンについてですが、こちらのローンは「複数の会社から借入をしている人が利用するためのローン」です。つまり、このローンをの使い道は、他の借金を全て返済し、一つにまとめる、ということになるわけです。

 

使い道が自由なローンについて

「使い道が自由なローン」としては次の2つをあげることができます。

  • フリーローン
  • カードローン

 

フリーローンは別名、「多目的ローン」とも呼ばれています。
いずれのローンも、使い道が自由なので、海外旅行や留学、また高価な買い物の資金にも利用することができ、多くの利用者に重宝されています。

 

同じように自由に利用できるフリーローンとカードローン
しかし、この2つには大きく異なる点があります。

 

フリーローンは、契約が済むと融資総額が一括で指定口座に振り込まれます。
その後は原則として、融資が行われることはありません。

 

それに対して、カードローンではローンカードを通じて、最寄りのATMから融資金を引き出す仕組みになっています。借入ができる額は契約時に利用限度額として定められ、その額内で自由に借入を行うことができるようになっています。

 

これが2つのローンの大きな違いです。