カードローンを利用するには?

銀行でお金を借りる場合にはいろいろな種類があります。
中でも自由に融資金を使うことができるカードローンは重宝されています。

 

カードローンの審査を申し込むためには、事前に用意しなければならない書類がいくつかあります。それぞれの銀行で必要な書類が微妙に異なりますが、

  • 本人が確認できる書類
  • 実際の年収が分かる収入証明書

この二つはは必須です。(貸金業法によって定められています)
また、これらの書類にはいくつかの選択肢があるので、自分の状況に合わせて適切な書類を用意して、きちんと確認してから提出することをお勧めします。

 

カードローンに必要な書類について

上記で申しましたが、必ず用意しなくてはならないのは次の二つです。

 

【その@本人確認書類】
どんな金融機関でお金を借りることになっても身分証明書は必ず提示しなくてはなりません。お金を貸す上で、どこの誰に貸すのかを確認することは非常に重要ですからね。

 

身分証明書となる書類は……

  • 免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

などをあげることができます。

 

中でも代表的なものは免許証ですね。これには顔写真が入っていて、一番理想的ということができます。しかし、どうしても顔写真入りの身分証明書を用意できないこともあるでしょう。そんな時はその旨を話せば対応は十分可能ですので、ご安心ください。

 

【そのA収入証明書】
貸金業法の規定により、収入証明書の提出も必要となります。
収入証明書となる種類としては……

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 給与証明書

などをあげることができます。

 

勤務先に変更がない場合には給与明細と一緒に渡される源泉徴収票、住民税決定通知書などがよいでしょう。

 

また、確定申告書、所得証明書、給与証明書のいずれかでも対応できるようです。給与明細書には、勤務している会社によっては会社の社印が必要となる場合もあるようですので、よく確認しておきましょう。

 

以上の二つは必ず必要な書類です。
それ以外にも各銀行によって、提出しなければならない書類があります。

 

こうした書類を提出する上で、一番重要なことは絶対に間違わないことです。
故意でなくても虚偽の疑いをかけられる可能性が非常に高くなるからです。
そんなことで審査に落ちるのは、もったいないですからね。