専業主婦がお金を借りる方法について

お金を借りる機関として思いつくのは、やっぱり消費者金融ですよね。
現在の日本には星の数ほどの消費者金融があると言われています。
また、およそ7人に1人は消費者金融を利用している、または利用したことがあると答えています。

 

このように、多くの人から利用されてきた消費者金融ですが、2006年の法律改正以後、お金を借りるための条件が厳しくなってしまったのです。

 

専業主婦はお金を借りることができない?!

2006年から総量規制という法律が改正されました。
この規制によって「個人の借入総額は年収の3分の1以内に収めなければならない」と決定されました。

 

となると……
自動的に収入のない専業主婦(主夫)の借入総額は0(ゼロ)円となってしまうわけです。

 

結果として、消費者金融やクレジットカードなどを通してのお金の借入は実質不可能となりました。しかし、考えてみればお金が必要なのは外で収入を得ている者ばかりではないですよね。現実的に、家計のやりくりをしているのは専業主婦(主夫)なのです。

 

生活費のためにお金が必要になることが多々あることでしょう。
そんな彼らにももちろん、お金を借りる方法はあります。

 

専業主婦でもお金を借りることができる方法

専業主婦(主夫)の方でも申込が可能なローン。
それが……銀行のカードローンなのです。

 

銀行のカードローンは、銀行のローンの中でも数少ない使用用途が自由なローンです。
しかも、消費者金融と同じようなシステムになっていて、最寄りのATMから自由に融資金を引き出すことができます。銀行の低金利でのローン利用が可能なので、とても人気があります。

 

では、なぜ銀行のカードローンは専業主婦でも利用できるのでしょうか?
その理由は管轄されている法律にあります。

 

銀行のカードローンは銀行のローンなので、銀行法に則って運営されます。
総量規制の対象となるのは貸金業法の管轄下にある金融機関のみ。つまり、消費者金融やクレジットカードの信販会社などがこれにあたります

 

従って、総量規制の対象外となる銀行のカードローンに関しては、法律的には専業主婦でも利用できるということになります。しかしながら、専業主婦のローン利用に関しては各銀行で申込条件などがあるようですのでよくご確認ください。